So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Vol.43 家賃下げました!物件図面の表記トリック

 一般的に、アパート・マンションを借りるにあたっては、様々な不動産屋から物件図面を取り寄せ、比較検討することとなります。当然ではありますが、不動産屋は物件図面に正確な情報を表記しなければなりません。 

 しかし、中には、嘘の表記がなされていることも・・・

 そこで、今回と次回にわたり、不動産屋の騙しのテクニック!物件図面編、についてお伝えします。

■事例 『物件図面に大きな文字で書かれている「家賃下げました!」の表記』

 女子大生のAさんは、通学の利便性を考え、両親の承諾のもと大学の近くに引っ越すことにしました。

 Aさんは、「なるべく相場よりも安い賃料のお部屋を借りたいです」と、ある不動産屋の営業マンに伝えたところ、「それならば、このお部屋がお勧めです!」と一枚の物件図面を手渡されました。

 その物件図面には、「賃料1万円値下げ!」大きな文字で記載されています。これは希少物件と考えたAさんは、物件見学することなく、すぐに申し込みをしました。

 1ヵ月後・・・

 新居に遊びに来た友人に「この物件の賃料どれくらいなの?」と質問されたので、自信満々に答えると、「そうなんだ、まあ、相場通りだね」と言われました。

 えっ、格安のはずなのに・・・

 彼女の友人は、本当にこのあたりの相場を知っているのでしょうか?

■解説『家賃下げました!=相場よりも安い、とは限りません』

 Aさんの物件を調べたところ、相場と比べて賃料が特に安くないことがわかりました。

 Aさん物件は、お得感を演出するために、物件図面に下記のような細工がなされていた可能性があります。

1.物件図面には、相場よりも高い賃料を記載する
2.相場よりも高い賃料を二重線で消し、「家賃下げました!」と近くに大きな文字で書き、新賃料を記載する。
3.相場を知らない客の多くは、家賃下げました!=相場よりも安い、と勘違いをする可能性が高い

 以上が賃料の表記のトリックとなります。

 しかし、この対策は、いたって簡単です。それは、賃料相場をしっかりと把握するということです。賃料相場を把握すれば、このトリックに引っかかることはありません。

 賃料相場の調べ方の詳細については、Vol.10 来店不要!効率的なお部屋の探し方 をご覧になってください!

 また、その他、借主にお得感を与える騙しのテクニック!については、Vol.12 悪質不動産屋の常套手段を見抜く極意! をご覧になってください!

まとめ

ポイント 賃料の表記のトリック

賃料相場を把握すれば、賃料の表記のトリックに引っかかることはありません。賃料相場の調べ方の詳細については、Vol.10 来店不要!効率的なお部屋の探し方 をご覧になってください!


今週の一冊
お部屋探しのプチトリックお部屋探しのプチトリック

作者: 鳥海 耕二
出版社/メーカー: アスペクト
¥ 1,050 (税込み)

お部屋探しに関する様々なトリックをまとめた鳥海耕二の著書です

くじらねっと 鳥海耕二

住まい
買う借りる建てる売るリフォーム住宅ローン引越し


2006-10-03 15:59  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。