So-net無料ブログ作成

Vol.48 車で部屋を見学したときは要注意!

 前回お伝えしたように、物件から最寄り駅までの徒歩所要時間については、自分の歩くペースで確かめる必要があります。

 入居後に後悔しないためにも、営業マンの案内のもと物件見学したときは、もう一度自分の足で徒歩所要時間について確かめましょう。

 それでは、今回は、前回の続きとして、物件見学の際の注意点-2をお伝えしたいと思います。

 是非、ご覧になってください!

■事例 『好んで車で物件案内する営業マンとは?』

 OLのAさんは、ある不動産屋の営業マンの案内のもと、車で賃貸マンションを見学しました。

 Aさんは、場所の離れた複数の物件を一日で見学しましたが、営業マンの用意した車で移動したため効率的に確認することができました。

 そして、希望条件に合致した物件が見つかり、Aさんは、その物件を借りることにしました。

 入居後・・・

 Aさんは、新居からのはじめての通勤をするため、最寄り駅に向かって歩いていきました。しかし・・・なかなか最寄り駅まで到着することができません。

「物件図面には徒歩10分って書いてあったけど、15分以上かかるかも・・・」

 Aさんは、会社に遅刻しないように息を切らせながら早足で歩き、電車に乗り込みました。

■解説『車で物件を見学したときの注意点!

 この事例において気になるのは、車で物件見学をしたということです。

 場所の離れた複数の物件を一日で見学する場合、車を使えば効率的に移動することができます。しかし、車で物件を見学したときは、必ず、自分自身で歩いてみる必要があります。

 車ですぐに到着したとしても、実際に歩いたら20分かかるということも考えられますので、ご注意ください。

 最後に・・・

 中には、最寄り駅まで遠い場所にある物件について案内する際に、客に遠いという印象を抱かれないようにするために、あえて車で物件案内する営業マンがいることも考えられますので、くれぐれも、ご注意ください。

まとめ

ポイント 徒歩所要時間は自分の歩くペースで確かめること!

車で物件を見学したときは、必ず、自分自身で歩いてみる必要があります。車で早く到着したとしても、実際に歩いたら20分かかるということも考えられますので、ご注意ください。


今週の一冊
危険学のすすめ危険学のすすめ

作者: 畑村 洋太郎
出版社/メーカー: 講談社
¥1,470 (税込み)

エレベーター挟まれ事故など、「身近な危険」発生のメカニズムについて考察している書籍です。

くじらねっと 鳥海耕二

住まい
買う借りる建てる売るリフォーム住宅ローン引越し


2006-11-07 17:19  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。